Cart
自分にとって、人生にとって大切なものって何だろうーー 想い出を記念のジュエリーと一緒に宝石箱に詰めませんか?

かわうちの郷・かえるマラソン第2回エントリー

に投稿

 

川内選手

昨年初めて開催された福島県川内村のかわうちの郷・かえるマラソン大会、

ふるさとを走る喜びやあったかぁい村民の方々のおもてなしに感激したマラソンイベントでした。

川内村は原発事故後、避難地域となりましたが、2012年の4月にいち早く役場機能を村に戻し、
村長が帰村宣言しました。昨年には全村で避難指示解除となった地域です。

誰もこない川内村にどうやったら人が集まるか、
マラソン大会を発案したのは当時小学6年生の男の子。
そこから大人たちが本気になって実現に至った夢のようなマラソン大会。

昨年は、私自身、人生初のマラソン大会で、エントリーは5キロでした。

横断歩道もダッシュできない体力の衰えに危機感を覚えて、走り始めた昨年。

まずは1キロ走るのもきつかった。。。徐々に距離数を少しずつ伸ばしていき、

大会直前は週に3-4回ジョギングし、5キロを余裕で走れるようになりました。

大会当日は5キロじゃ足りなくて、もっと走りたい―と思ったほど(*^-^*)

というわけで、今年は10キロにエントリーしてみました。

10キロは走ったことないので、私にとっては大きなチャレンジです。

でもきっと走れると信じています。

 

かわうちの郷かえるマラソン大会

ゲストランナーのみなさんも大変豪華です。
昨年は吉田香織さん、川内三姉弟と非常に近い距離で走ったり、応援してもらったり、写真とったり、お話したりできました!

川内選手は今年も参加されるようですよ。

そして、そして、昨年予想外に(→ごめんなさい)、会場にこどもたちの姿が見られたことから、

マラソン大会会場に遊びに来てくれたこどもたちに、

リリーアンドアリーもお絵かきワークショップができないか、川内村役場に絶賛問い合わせ中です!

 

-------------------------------------------------------------

小学生発案の夢の企画、

福島県川内村かわうちの郷・かえるマラソン第2回エントリーはこちらです!

http://www.run-kawauchi.com/


古い記事 新しい記事

GO TOP