Cart
自分にとって、人生にとって大切なものって何だろうーー 想い出を記念のジュエリーと一緒に宝石箱に詰めませんか?

第3回 ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験2018への協賛のお知らせ

に投稿

第3回 ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験2018第3回 ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験2018

第3回 ふくしまのたからばこ キッズお仕事体験2018
10月13日14日、郡山市のビッグパレットにて開催されます。

今年はなんと入場無料、予約不要です!!体験できるお仕事もさらにパワーアップして60以上のお仕事が体験できちゃう!!しかも3回目の今年は、地元メディアの福島民友新聞だけではなく、福島県が公式に共催バックアップ、県で一番大きなビッグパレットが会場です。本当に感慨深すぎて涙、いや鼻血でそうです。

第1回、第2回とイベント開催にあたり運営のリードをさせていただきましたが、第3回目となる今年は外から見守らせていただいております。これは去年のお仕事体験を準備しているときから自分の中で決めていたことですが、今年の運営メンバーはさらにパワーアップされていて勝手に誇らしく思っています。

そもそもなんで福島でお仕事体験を開催しようと思ったか。昨年某テレビ局のアナウンサーに聞かれた質問なんですが。

私は18年間福島で育てられました。あまり裕福とは言えない経済的に苦しい家庭環境でしたが、浪江にいたときは某塾の先生が月謝を免除して中学の勉強を続けさせてくれたり、家庭の事情で浪江からいわき市に転校した時も浪中の先生が何回もいわき市にプリント届けてくれたり(結構遠いです)、某病院の院長先生が書店で大量に大学受験の学習参考書を買ってくれたり、また別の方が予備校のお金をサポートしてくださったり。

今なら痛いほどわかる豊かすぎる自然環境や苦労して育ててくれた親にももちろん感謝してるけど、親でもない地域の大人たちが折々で見返りも求めず子供時代の私を助けてくれたことに、心から感謝しているからです。福島のこどもたちに自分が何ができるか考えた時に、自分の子供時代に知りたくてもなかなか分からなかった仕事のこと。実は身の回りの大人たちっていろんな仕事をしているし、子供時代に親以外の大人と勉強や仕事の話をしたこと、大人に目をかけられたことって結構そのあとの志に影響したりするんですよね。

そんな想いで去年までかかわらせていただきました。至らない運営にも関わらずご支援応援頂いた非常にたくさんの皆様には心から感謝しています。そして改めて、2015年に子供たちのふるさとの絵をデザインしたオルゴール『ふくしまのたからばこ』制作のためにクラウドファンディングをご支援頂いた皆様に心から感謝したいです。このご支援がなければ、そのあとのお仕事体験イベントにはつながりませんでした。

今年は、リリーアンドアリー合同会社として、少額ですがイベントに協賛させていただきました。協賛会社として参画させていただける日が来るなんてこんなに嬉しいことはございません。また、イベントが公共的になっていることから、弊社内にあるオルゴール『ふくしまのたからばこ』はすべて今回のイベントに寄付させていただく所存です。

10月13日14日、福島県、浜通り、中通り、会津のたくさんのたくさんの子供たちが来てくれるといいな。イベントが、安全に、無事開催されますように心から祈っております。

Lily & Ally

代表・根岸

 

------------------------------------------------
ふくしまのたからばこキッズお仕事体験2018
開催日時: 10月13日(土)10:00-17:00
10月14日 (日) 10:00-16:00
開催場所: ビックパレット福島 
多目的展示ホール

公式HP: http://fukushimanotakarabako.com


古い記事 新しい記事

GO TOP