Cart
自分にとって、人生にとって大切なものって何だろうーー 想い出を記念のジュエリーと一緒に宝石箱に詰めませんか?

シャインオンキッズのチャリティコンサート

に投稿

先日、認定NPO法人シャインオンキッズのチャリティコンサートに娘と行ってまいりました。
シャインオンキッズとは小児がんや重い病気と闘う子供たちとその家族を支援している団体です。

ファシリティドッグといって、ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるよう専門的に訓練された犬を病院に派遣するプログラムと、治療の過程をそれぞれ意味のあるビーズで紡いでいくビーズオブカレッジというプログラムを主催していらっしゃいます。

ビーズオブカレッジでは、はじめに子どもたちはアルファベットのビーズで自分の名前を作ります。それからいろいろな種類の治療を乗り越えるたびに、それぞれの治療を象徴する何種類ものビーズが医師や看護師、セラピストなどから手渡されます。 点滴1粒。手術1粒。抗がん剤治療による頭髪の抜け1粒、といった具合です。子どもたちはビーズを集めるのが楽しみになると同時に、自分の乗り越えてきた治療を振り返り認識するとともに、勇気や希望を実感するようになるそうです。ビーズの長さは、1年の治療で3メートルにもなるといわれ、スタッフの方にその長さと1つ1つの意味を見せていただき、その重さに言葉が詰まりました。

今回チャリティコンサートともに、このビーズオブカレッジのブレスレットを作るワークショップがあり娘が参加しました。1つは自分用、もう1つは病院で頑張っているお友達へのプレゼントとして作ります。4歳の娘、真剣に作っておりまして、母は一切デザインに口出しできませんでした。

そしてチャリティコンサート。バリ舞踊あり、アイルランドの合唱あり、キッズダンスあり、闘病している子供たちの詩の朗読あり、多彩なプログラムでお子様連れに大変おススメです。目玉はNHK Eテレ、英語であそぼのエリックさんのライブ。5メートルも離れていない至近距離にエリックさんがいることに娘より母が大興奮でノリノリでした。

Lily & Ally
根岸

シャイン・オン!キッズ
http://sokids.org/ja/


古い記事 新しい記事

GO TOP