Cart
自分にとって、人生にとって大切なものって何だろうーー 想い出を記念のジュエリーと一緒に宝石箱に詰めませんか?

Lily&Ally

リリーアンドアリーについて

こんにちは!
キッズジュエリーボックス "Lily & Ally(リリーアンドアリー)" 代表の根岸里美です。
本日は、ご来店誠にありがとうございます。

2013年3月のオープン以来、たくさんのお客様の暖かいご支援のおかげで、少しずつお店づくりを進めております。まだまだ至らない点も多々あるかと思いますが、プレゼントする大人もプレゼントされるお子様も笑顔になり、素敵な想い出づくりのお手伝いができるような
商品とサービスをお届けするべく、日々改善していきたいと思いますので、今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

Lily & Allyのコンセプト

2011年3月の東日本大震災でふるさと・福島の家族が原発避難民となりました。
地震発生後、着の身着のままで逃げて、避難所を転々とし、ようやく避難先が落ち着いたころには、大切にしてきたものは遠い自宅に置き去り。
やっと帰れることになった最初の一時帰宅、本当に大切なものだけ小さい袋に持ち帰りました。
その中に私の成人式の着物や祖母の想い出の指輪があり、改めて両親の愛情や家族の絆に心から感謝しました。

"自分にとって、人生にとって、大切なものって何だろう"
震災以来、毎日考えるようになりました。

それは、家族であったり、友人であったり、人との絆かもしれない。
小さいころから積み重ねてきた年月の引き出しに眠るキラキラした思い出たちかもしれない。
そんな想いを、子供のころからジュエリーに封じ込めて、自分だけの特別なジュエリーボックスにしまっておけたら。

Lily & Allyは、
「自分にとって大切なものってなんだろう?」
「自分に似合うものってなんだろう?」
そういう想いを子供のころから考えられるきっかけとなれるお店を目指したいと思っています。

店名とロゴに込めた想い

店名のLilyとAllyは、二人の女の子の名前です。
ひとりがお転婆、もうひとりがおしとやかな性格です。
二人のタイプは異なりますが、ふたりは大の仲良し。どちらもママの真似やおしゃれの背伸びが大好き。お出かけするときには、真珠のネックレスや薔薇の髪飾りをつけておしゃれを楽しんでいます。ロゴは、LilyとAllyが、まるでキスのポーズをとっているかのように、宝石のついた指輪に向かい合って遊んでいる様子です。

二人の関係はいろいろ−仲良しの友達同士、姉と妹、ママとワタシ。特別な存在どうしが、友情や愛情、そしてかけがえのない毎日をシェアする際に、身に着けられるようなジュエリー。6歳のお誕生日にプレゼントされて、もしかしたら20歳になっても身につけられるような、シンプルで飽きのこないデザイン。そして、そんな時を閉じ込められるようなストーリーのあるジュエリーボックスをお届けできたらーー。

Lily & Allyは、タイプの異なる女の子同士でも、その日のおしゃれにあわせて選べるような
ファッション・ジュエリーとジュエリーボックスをお届けしていきたいと思います。

根岸里美の写真

根岸 里美

福島県浪江町出身。
アクセンチュア(株)、東芝電脳(上海)有限公司、(株)ファーストリテイリングを経て、
2013年キッズジュエリーボックス専門ブランド"Lily & Ally"、
2015年親子ペア蝶ネクタイブランド"Dan & Daddy"を立ち上げる。
一男一女の子育てと起業のバランスに奮闘中。
趣味は、山登り、カヌー、キャンプ、星空鑑賞、旅、子供との外遊び全般

GO TOP